で、Tタッチ(テリントンタッチ)って何?
セミナーのテーマに「家庭でできるドッグマッサージ(Tタッチ応用)」と書かれ
ていたので、Tタッチっていうのはマッサージの一種かなと思ったら、違いまし
た。
手で触ったり(タッチ法)、姿勢を正して歩かせる(グランドワーク)ことによっ
て、問題行動の解決、健康増進に効果が高いことで、アメリカで注目されて
いるホリスティックケアらしいです。

ホリスティックケア。。これまた私にとって新しい言葉です。
ホリスティックケアとは、疾患をもった部分だけに注目して治療をするのでは
なく、身体全体、精神、心、のケアをすることらしいです。
つまり、全体的なバランスが崩れるとどこかに悪い症状が表われるので、全
体を見てケアをするという概念だそうです。。。
文字にして説明するのは、難しいですが、そんなことを言われていました。^^;

★Tタッチの例

セミナーにワンコは3匹来ていました。黒ラブ2匹に、ジャックラッセルテリア
1匹でした。
ジャックは、やっぱりテリアだなぁと思うくらい落ち着かないみたいで部屋中
ウロウロ探検していました。

黒ラブ達は、初めての場所で落ち着かないのか、神経質そうな顔をしてまし
た。あんなに大きいのに飼い主さんの膝に乗っていました。^^;
成犬の黒ラブが人の膝に乗っているのを初めて見てビックリしました。
よっぽど不安だったんですね。
先生は1匹の黒ラブにボディラッピングという方法をとられました。体に包帯の
ような物を巻かれていました。20分程度巻かれました。
こんな包帯のようなものを巻かれる事は非日常なので、非日常をを感じて、体
を意識するらしいのです。
20分後、膝の上に乗らなくなり人をなめる余裕ができてきました。(@_@)

この包帯みたいなのを私もそのセミナーで買って、てつにやってみました。
なかなか、いい感じです。家で大暴れしている時にボディラッピングをすると
あっという間におとなしくなります。^^;
でも、たまにがいいので、しょっちゅうはしないようにしています。

包帯の代りにきつめのTシャツをきせてもいいそうです。でも、ずっと着せると、
非日常ではなくなるので、効果がないそうです。

もう一匹の黒ラブも神経質そうだったので、もう1匹は、グランドワークという
Tタッチの一つを実演していただきました。
特殊なハーネスを付けて障害物をよけながらゆっくり先生と黒ラブが歩き
ました。
このハーネスにつけるリードは2本で、正しいバランスの取れた歩き方がで
きるらしいです。
バランスがとれた歩き方をすると、歩き方だけでなく心も安定するそうです。
こっちのワンコも飼い主さんのお膝に乗らなくなりました。(@_@)

引っ張らずにバランスよく歩く事は、飼い主だけではなく、犬にとっても良い
事がわかりました。
[PR]
by techu0525 | 2005-04-07 00:08 | 松江香子さんのセミナー
<< 犬に対するアプローチ 行ってきました! >>