<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
じみじみぃ~手帳
てつ、なんだか、いつの間にか元気になりました♪

てつの体重を仕事で使うスケジュール帳に書いていたのですが、ごちゃごちゃして
わかりにくくなったので、てつのことは、別の手帳に書くことにしました。

これ↓めちゃ、地味ぃ~~
b0059434_2234243.jpg

b0059434_2253151.jpg


でも、これに体重を書いているうちに、いつの間にか微妙に痩せましたよぉ~。
先月は、6.4xkgでしたが、今月は、6.3xkgになりました。

わ~い。わ~い。

冬ぐらいには、6.0kg切りたいなぁ~。

てっちゃん、がんばろうね。

今晩のご飯は、
 生レタス
 生しいたけ
 りんご
 ホクホクさつまいも ちょっぴり
 玉子 1こ
[PR]
by techu0525 | 2007-06-27 21:14 | てつくんの徒然
ひきこもり疑惑
久しぶりに獣医さんのところに行きました。

色々あって、獣医さんを変えたのですが、まだ、フィラリアのお薬をもらっただけの仲
なので、もっと、てつのことを知って欲しいなぁ、と、思う今日この頃でした。^^;
何か、行くきっかけあないかと、探していたら、2週間ぐらい前から、お尻をぺちゃめちゃ
舐めてかゆそうで、肛門腺絞りもしてもかゆそうなので、せっかくなので、行って来ました。

それから、その日に偶然、胸のあたりを触ったらしこりのようなものがあったので
ついでに診てもらうことにしました。

病院に着くと、猫が診察台に乗って治療されていました。
とても痛そうで、切ない声が聞こえてきます。
その声を聞いてなのか、病院自体が嫌なのか、てつがブルブル震え始め、抱っこして
くれと、イスに座っている私に立ち上がってしがみつこうとします。

病院が嫌いになったのかなぁ・・。

仕方がないので、抱っこして待つことにしました。
待っていると、ようやく順番が来て、肛門をまず診て頂いて、絞ってみてもらいました。
まだ、絞りきれていない、どろどろしたものが出てきました。^^;
てっちゃん、ごめんね。まだ、絞れてなかったよ。
周りが炎症しているのは、病院で薬を塗ってもいいけど舐めてムダになりから、人間用
のデリケートゾーン用の薬を塗って、30分は気をそらすようにしてね、って、言われ
ました。
散歩の前にすると、いいかも。
(だけど、人間用のデリケートゾーンのかゆみ止めって、家にもないんだけど^^;)

胸の方は、「脂肪腫」と、言われました。
しこりを注射器で吸い取って、顕微鏡で診て頂いて、そういう見解になりました。
今のところ、特に問題はないそうです。やせれば、小さくなるそうです。
大きくなると切らないといけないそうです。

痩せないといけません。(-_-;)

家に帰る途中で、散歩をしたのですが、どうも、何かにおびえているみたいで、
散歩どころじゃありませんでした。
家に戻ると、暗いところ、暗いところに隠れて、とうとう、きのうの夜は、ご飯をたべません
でした。

てつも引きこもりなのか?

今朝、雨が止んだ隙に散歩に連れて行こうとしても、家から出た途端、家に戻り
たがります。
まだ、ショック状態が続いているようです。

何がショックだったんだろうか?

猫の悲痛な声?
肛門腺絞りが痛かったのか?
脂肪腫を注射器で吸われたときが、恐かったのか?
何しろ両手両足を捕まれて、太い針の注射器がブスっとさすんだから。
それとも、どこの病院でも、診察台を見るとこわいのかな?

よくわかりません・・。

でも、このままではいけない、と、思って、てっちゃんに実験台になってもらいました。
「レスキューレメディ、スターオブベツレヘム、ゲンチアナ」を牛乳に混ぜて
飲ませ、肛門の周りをレスキュークリームをつけて、「かゆいのかゆいのとんでいけ~」
と、唱えながら、5分ぐらい、赤く腫れているところをナデナデしていました。

肛門の周りを触られるのは、嫌みたいで最初は私の指を咬んでいましたが、
だんだん、おとなしくなりました。落ち着くのかな?

そうこうしているうちに、庭で猫の声がするのに気づいて「ワンワン」と、吠え始めました。
おっ、治ったか?いつものてっちゃんにもどったかな?と、思って、雨も降っていなかっ
たので、外に出てみました。

すると、散歩に行く気マンマンでした。

よかった。

でも、まだ、ちょっと、100%戻った感じじゃないです。

しばらく、レスキュークリーム肛門の周りにつけてみようかなぁ~。

病院嫌いになられると、こまるなぁ~~~~。
[PR]
by techu0525 | 2007-06-24 15:44 | てつくんの徒然